テノール歌手ソングライター大瀧賢一郎、KENはへっちゃら テノール歌手ソングライター ケンイチロウ オオタキの部屋

温故知新

温かいというよりは 半袖に心地良い不思議な気温が続いていますね。
不思議な気温に体調管理への気が抜けません。
こんな毎日でも皆さまからのメッセージはつかの間のオアシス、、
演奏会のお話しや、、スーパーカーの話題にも ミニカー談議で
メッセージに花を添えてくれたり、、皆さまの日々の心模様が 沢山の
創作意欲となって新しい歌が出来上がっていきます。
今日、、とあるご縁で 吉田正 記念オーケストラのコンサート
を聞いてまいりました。
私でも知っている 「誰よりも君を愛す」 や 「いつでも夢を」
そして数え切れない名曲を残していった 昭和歌謡界を牽引してきた
作曲家の功績を記念して結成されたオーケストラの公演です。
多くの方々が嬉しそうに耳慣れた曲を口ずさんでいる、、
いつも思います 作曲家や画家って 体の死が訪れても
人々の心に作品という形で生き続け、、そして喜びを与え続ける。
巨大な勢力と金銭を駆使して後世にモニュメントを残そうとした
王や権力者のそれよりも、、私にとっては美しい事です。
私は思います、、安易なリバイバル主義ではありません。
クロスオーバーと名乗る以上は 国境はおろか 時を等しく越えて
音楽のタイムとラベラーとして、、今生きている全ての人にお届けするのが
本当の仕事 作り手の作曲家が存在する限り 届け手の私は
歌手という仕事に従事し続けるでしょう。
ただ中心にある本質は守りながらも 勇気を持って新しい命を与えるのも
必要ですね、、温故とは発明や冒険のための根っこ  知新は
積み重ねの結果、、守りながら壊す、、といった心境でしょうか。

滝 賢一郎
b0113849_01547.jpg

[PR]
by kenichiro-otaki | 2010-10-16 00:15 | 音楽