テノール歌手ソングライター大瀧賢一郎、KENはへっちゃら テノール歌手ソングライター ケンイチロウ オオタキの部屋

さようなら夏

去りゆく夏が忘れないで、、と言っているような暑さが 依然と続きますね。
今年は多くの方々が春からの心労と節電意識からくる我慢の意識で
こころから夏を楽しむ、、なんて出来なかったんじゃないでしょうか。
お病気やお怪我をなさっている方々にはもっとお辛い時期だったのではないでしょうか。
物質的な事はなかなか元通りにならないかもしれませんが、私達の身体と心を
そっと労わってくれるような秋 となりますように。
私達日本人は季節の配列を春夏秋冬 と感じています、、春が始まりで冬は終わり
ところが私は 夏が季節の締めくくりではないかと思う事があります。
植物の営みは大きく2分すると 自らの生きている勢いを夏で使い果たし、、
秋からは次の世代のための結実や再生に向けての活動ではないでしょうか。
自らの生きる時間と次の世代への架け橋 どちらも尊い事ですが
春も秋も 冬も終わるときに寂しいなんて思わないのに 夏の終わりに
何か感じるのは、、分かるような気がしています。
日本中にとって完全燃焼できなかった2011年の夏、、さようなら。
でも記憶に残るんでしょうね。

大瀧賢一郎
[PR]
by kenichiro-otaki | 2011-09-12 00:39 | 音楽